ANAの国内線について

安全祈願のトリトンブルー

ANAは全日本空輸の略で国内線も国際線も国内最大の大手空輸会社で全世界にANA系列のホテルも存在していて、この会員になっているとお得にANAのホテルに泊まることが可能になります。
羽田空港の国内線に関しては発着枠の約6割を占めていてここのイメージカラーは青色になり、飛行機もきれいな青色がとても印象的です。

キャビンアテンダントの制服やひざ掛けも、ビーチに遊びに行くときに貸し出してくれるバスタオルもすべてイメージカラーで統一されています。
この色には意味があり、1982年から使われているトリトンブルーと1982年のトリトンブルーが使われるようになるより前から使われているモヒカンブルーを組み合わせたラインが入っていますが、このトリトンブルーは海の波と風を鎮めたと伝わるギリシャ神話に出てくる神様であるトリートーンのことを指していて風ではなく空という違いはありますが、ANAでの旅の安全を祈願したものとなっています。
このように、青色にもちゃんとした意味がありANAの利用者を思う気持ちがとても伝わってきてとても好感が持てます。

安全祈願のトリトンブルー : フライトの疲れを残させないサービス : マイルでいつもより上のクラスに乗れる

ANA国内線運航状況